高血糖を放置していると重大な合併症を併発する恐れ

血液中のブドウ糖のことを血糖といいます。血糖は血液を通して全身の細胞に送られ、私たちの生命活動を維持するためのエネルギー源として利用されています。血糖はインスリン、グルカゴン、甲状腺ホルモンなどで調整されており、健康な人ではこの血糖値は一定の値に保たれています。

血液を採取して自動分析器にかけます

血糖値の検査で何がわかるのか?
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンには、血糖値を一定に保つ働きがあるのですが、インスリンが減少すると、血液中のブドウ糖が利用できなくなり、血糖値が上昇してしまいます。

これが糖尿病で、ブドウ糖を利用できないために空腹感が増し、益々食べるようになり、それでさらに血糖が増えるというように悪循環を繰り返します。

そしてあふれた血糖は尿の中にまで出て、尿糖になります。こうして高血糖の状態が続いていると、やがて血管がおかされ、失明の危険性のある糖尿病性網膜症や腎機能の低下、そして動脈硬化、心筋梗塞といった生命にかかわるような合併症を併発していくことになります。

この糖尿病の診断に欠かせないのが、血糖値の検査です。

血糖値の検査はどのように行なわれるのか?
検査は、9時間以上絶食したあとの空腹時に血液を採取して、自動分析器にかけて測定します(空腹時血糖値)。一般には、検査前日の夜から飲食を控え、翌日の早朝に採血します。

一方、食後に測った数値は食後血糖値と呼ばれます。食後血糖値の場合は、何を食べたのか、食後どれくらい経過しているのかをきちんと伝える必要があります。

基準値

  • 空腹時血糖…70〜109mg/dl
  • 食後2時間血糖…140mg/dl未満

血糖値は、正常な場合でも食事の前と後では異なります。食事をとると、炭水化物が吸収されてブドウ糖となって血液中に出てきますから、食後の血糖値は食前よりも高くなります。

検査結果の見方
通常、空腹時血糖値が126mg/dl、あるいは食後血糖値が200mg/dlをこえると糖尿病と診断されます。境界値(空腹時血糖値が110〜125mg/dl、食後血糖値が140〜199mg/dl)の場合は、さらにブドウ糖負荷試験を行います。

糖尿病以外にも、甲状腺機能亢進症、先端肥大症、クッシング症候群などでも高値を示します。また、膵臓や肝臓の障害で高値を示すこともあります。過度のストレスや肥満も高値となります。

逆に血糖値が70mg/dlに満たない低血糖の場合は、インスリンノーマという膵臓に腫瘍ができる病気が疑われます。糖尿病の治療薬の影響で低値になることもあります。

糖尿病について
インスリンが不足したり、十分に働かなくなって、ブドウ糖が効率よくエネルギー源として利用できなくなって引き起こされる病気が糖尿病です。糖尿病には自己免疫などがかかわり、インスリンが絶対的に欠乏する1型糖尿病と、主に成人に多く発症する2型糖尿病があります。日本人の95%以上が2型糖尿病です。

2型糖尿病は遺伝的素因のほか、生活習慣が大きく関係しています。ただし、遺伝的素因のある人すべてが、糖尿病を発症するわけではありません。体質に加えて、乱れた食生活、運動不足、肥満、過度のストレスなど、さまざまな要因が絡み合って発症します。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved