眼底検査は糖尿病網膜症の発見に欠かせません

瞳孔から入った光が突き当たる眼球内の奥の部分を「眼底」といいます。眼底検査では、目に光を当てて、瞳孔から眼底をのぞいて、その状態を観察します。

眼底をのぞくには瞳孔が開いている必要があります。健康診断では、通常、暗い部屋で、「無散瞳カメラ」により眼底写真を撮影します。無散瞳とは、瞳孔を広げる散瞳薬を用いないということで、暗いところで動向が自然に広がることを利用して眼底に光をいれ、写真を撮るものです。

この検査で調べるのは、眼底の網膜や視神経乳頭、血管の状態、出血などです。目の病気のほか、高血圧や動脈硬化、糖尿病などが原因で、眼底に異常が現れることもあります。

眼底検査でわかること
網膜の血管は、体外から直接観察できる唯一の血管であることから、従来、動脈硬化の状態を推測する手がかりとして重視されてきました。そのため、高血圧にともなう血管の変化や動脈硬化による変化が検査対象とされ、眼底の所見から変化の程度の判定が行われていました。

しかし、網膜の血管の状態が必ずしも全身の血管の状態を示すわけではないため、最近ではそうした判定は主な目的ではなくなっています。全身性の病気ではむしろ、糖尿病の三大合併症のひとつ「糖尿病網膜症」の発見に重要です。

糖尿病網膜症は成人の途中失明原因の第一位となっていますが、初期には自覚症状がないため、早期発見には眼底検査が欠かせません。既に糖尿病の治療を受けている人でも、眼科で検査を受ける必要があります。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved