中性脂肪は生活習慣病の危険因子となります

私たちの体内には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸という4つの脂質が存在していますが、食事として摂取する脂肪分のほとんどは、中性脂肪の形をしています。

肥満や運動不足の人は、適度な運動を行いましょう

日本人は1日あたり50〜100gの中性脂肪を食事から摂取しています。摂取された中性脂肪は小腸で吸収され、リンパ管を経て血液の中に入っていきます。血液中でエネルギー源の運搬や貯蔵、臓器や組織の維持に重要な役割を果たしたあと、肝臓や脂肪組織の中に貯蓄されます。皮下脂肪の大部分はこの中性脂肪です。

中性脂肪の検査で何がわかるのか?
中性脂肪は体のエネルギー源になるものですが、中性脂肪が血液中に多くなりすぎると、肥満や脂肪肝などになり、また悪玉のLDLコレステロールの増加を促進することから、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の危険因子となります。

中高年は狭心症や心筋梗塞のリスク

日本人の場合、心筋梗塞を起こした患者さんのコレステロール値はそれほど高くなく、中性脂肪が高値を示す例が多いとされています。したがって中性脂肪の値をコントロールすことが大切とされ、この検査は動脈硬化症を防止するのに欠かせません。

中性脂肪の検査はどのように行なうのか?
血液を採取し、酵素の試薬を使って検出します。この検査はコレステロールの場合と異なり食事の影響を受けやすいので、検査は空腹時に行なう必要があります。

基準値と変動の範囲
中性脂肪の基準値30〜149mg/dlですが、一般的に女性よりも男性のほうが、数値が高くなる傾向があります。

検査結果の見方
高値の場合は高脂血症(脂質異常症)が疑われます。高脂血症の状態が続くと、動脈硬化が進行して脳梗塞心筋梗塞などのリスクが非常に高くなります。ほかには、食べ過ぎによる糖質の過剰摂取、お酒の飲みすぎなどで高値となる場合もあります。

中性脂肪が高い人は肥満状態にある場合が多いです。肥満は生活習慣病の危険因子として、近年では注目されています。特に内臓脂肪が多い人(ウエスト周囲径が男性85cm以上、女性90cm以上)は、メタボリックシンドロームの疑いがあります。

メタボリックシンドロームは、肥満の人が高脂血症、高血糖、高血圧など複数の症状をあわせもっている状態です。この状態が長く続くと、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高くなることが判明し、注目を集めています。

異常があったらどうするか?
飲酒している人は飲酒量を減らすことが第一です。肥満や運動不足の人は、毎日、適度に体を動かす習慣をつけ、炭水化物や脂肪の多い食事を控えるなどの努力で改善できます。

糖質の摂り過ぎに注意!低糖質食品も上手に活用しましょう

中性脂肪の数値が上昇する大きな要因の一つに、糖質の過剰摂取が挙げられます。なかでも甘いスイーツや飲み物などの原料に使用される砂糖は「単純糖質」といい、腸での吸収が早いうえ脂肪に合成されやすいので、摂取すればするほど脂肪として体内に溜まっていきます。

デザートの糖質は脂肪になりやすい

また盲点となるのが、一般的には健康的な食生活に欠かせない果物です。果物に含まれている果糖も「単純糖質」なので、中性脂肪の数値を上げてしまいます。

中性脂肪を下げたいのであれば、なるべく低糖質の食品を食べるようにしましょう。糖質は主食やイモ類などの炭水化物でしっかりとまかなわれるので、摂り過ぎることはあっても、不足を心配する必要はないのです。

また飲み物では水やお茶、無糖のコーヒーなどを飲むとよいでしょう。ポ○リスエットやアク○リアスなどの清涼飲料水は糖質が多く含まれているので注意しましょう。清涼飲料水を頻繁に飲む方は糖質ゼロ(カロリーゼロ)のものを選ぶようにしましょう。

小麦粉を使った食品(粉もの)は2食以上続けない

ご飯や麺類、パンに代表される炭水化物は、スイーツや果物に比べると中性脂肪になりにくいのですが、消化されて糖質として吸収されるので注意が必要です。

ラーメンとライスの組み合わせは危険

糖質は大事なエネルギー源ですが、過剰に摂取すると消費が追いつかず、脂肪として体内に蓄積されてしまいます。特にパンや麺類、お好み焼き、たこ焼きなど小麦粉が主原料のもの(粉もの)は単品で食べることが多いので、栄養が偏りがちになります。

ですから、パンやパスタを注文するときはサイドメニューとして野菜やスープなどを頼んだり、野菜が豊富にトッピングされた麺類を注文するなど、炭水化物だけにならないようにしましょう。

また昼間にパンで夜はパスタを食べるなど、2食続けて粉ものを食べるのもよくありません。栄養が偏り糖質の摂り過ぎになるので、朝→昼、昼→夜と粉ものを続けるのは止めましょう。また関西圏の人は粉もの+ごはんなど、主食を2種類以上同時に食べることが多いため、こちらも注意が必要です。

お酒の飲み過ぎも中性脂肪の数値を上昇させます

中性脂肪の数値は糖質の摂取だけでなく、お酒を飲んでも上昇します。お酒を飲み過ぎると、肝臓で中性脂肪が合成されるからです。

ビールにも糖質は含まれます

お酒の適量は人によって異なりますが、一般的にビールなら中ビン1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、焼酎は0.6合(108ml)、ワインはグラス2杯(240ml)が1日の目安量とされています。「酒は百薬の長」と言われるように、適量を飲めば善玉のHDLコレステロールが上がり、血流が良くなって心臓病の予防になるなど、体にとってよい薬となります。

なかでも、赤ワインは抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれており、動脈硬化を予防する効果が期待できます。ただし、中性脂肪の数値に問題がある人は適度にお酒を飲まない日を設けてください。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved