アルコール性肝障害で敏感に反応するγ(ガンマ)-GTP

γ(ガンマ)-GTPは、肝臓の解毒作用に関係している酵素でアルコールに対して敏感に反応します。腎臓に最も多く含まれ、次いで膵臓、肝臓、脾臓、小腸にもみられます。

アルコール性肝障害の指標となります

γ-GTPの検査で何がわかるのか?
肝臓に毒性のある薬剤やアルコールなどを慢性的に取り続けた場合や、結石・がんなどで胆管が閉塞したときに血中濃度が高まります。とくにアルコールに敏感に反応し、しかも肝臓や胆道の病気があると、GOTやGPTなど、ほかの酵素よりも早く異常値を示す特徴があるので、この検査は一般にアルコールによる肝臓障害の指標となります。

γ-GTPはどのように検査するのか?
採血をして、自動分析器で測定します。男性は女性よりやや高値です。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。ただし、検査前日のアルコールは控えてください。

基準値(JSCC勧告法)

  • 男性…50IU/l以下
  • 女性…30IU/l以下

アルコール以外の食事や運動、日内変動はありませんが、個人差が大きく、年齢や性別でも差があります。たとえば女性ホルモンにはγ-GTPの産生や働きを抑える作用があるため、とくに妊娠後期には低値となります。

検査結果の見方
アルコールの影響で高値になるケースが多くみられます。再検査を受ける場合には、禁酒が必要となります。数値が改善されていれば、アルコールによる異常値と判断できます。

また、胆道に結石や腫瘍ができたりして、胆汁が流れにくくなった状態でもγ-GTPは上昇します。胆汁がうっ滞すると、胆嚢炎や痰肝炎を起こす原因となります。胆汁は脂質の代謝を助ける重要な物質です。胆道がなんらかの原因で狭くなったり閉塞すると、胆汁の流れが障害され、小腸での脂質の消化・吸収が上手くできなくなってしまいます。
ALP、GOT、GPTなど、ほかの肝機能検査結果と併せて診断する必要があります。

GOT・GPTも上昇している場合は、肝炎、肝硬変、肝臓がんといった疾患が疑われます。
肝臓は再生能力の高い臓器ではありますが、アルコールの過剰摂取や喫煙、過度のストレス、疲労など不適切な生活習慣を続けていると、肝硬変から肝臓がんへと進行することが知られています。

γ-GTPのみが上昇している場合は、胆道の異常が疑われます。結石や腫瘍などで胆道が閉塞していると、炎症(胆管炎)を招いてしまうので、早期の治療が必要です。

Copyright(C)2011 特定健康診査ナビ All Rights Reserved