過去1〜2ヶ月の血糖の平均がわかるHbA1c(グリコヘモグロビン)

体内に酸素を運ぶ役割を担っている赤血球中のヘモグロビンと血液中のブドウ糖が結合したものをグリコヘモグロビン(HbA1c)といい、血糖値が高いほどたくさんつくられます。

過去1〜2ヶ月の血糖状態を把握できます

グリコヘモグロビン(HbA1c)の検査で何がわかるのか?
糖尿病の検査として行われている血糖値の測定は、その検査の時点での血糖の状態を示すものに過ぎません。血糖は検査前の食事や運動、精神状態などに影響されやすく、短時間で急激に変動します。また、初期の糖尿病では血糖値が上がらない場合もあります。

しかし、グリコヘモグロビンはゆっくりと時間をかけてブドウ糖と結びつく性質があり、その値は徐々に変化します。また、一度結合すると、その赤血球の寿命(120日間)がつきるまで、そのままの状態を保つという特徴があります。

したがってグリコヘモグロビン値は、採血時よりさかのぼって1〜2ヶ月間の血糖の平均を反映すると考えられます。そのため、検査時にたまたま血糖値が低く、見逃してしまいがちなの初期の糖尿病も発見しやすくなります。

また、長期血糖コントロールの目安になるため、すでに糖尿病にかかっている人が血糖値を上手にコントロールしているかどうかを判定する際にも有用です。

グリコヘモグロビン(HbA1c)の検査はどのように行なうのか?
血液を採取して測定します。測定法には、HPLC法(高速液体クロマトグラフィ法)、免疫学的法、カラム法などがあります。

グリコヘモグロビンは食事などの影響が少ないため、一般に検査当日の食事制限などはありませんが、カラム法では食事の影響を受けやすいため、この場合は前日の夕食後から絶食し、翌朝の空腹時に採血を行ないます。

基準値
一般的に最も用いられているHPLC法では4.3〜5.8%が基準値です。ただし、病院や検査施設によって、測定方法が異なりますので基準値が若干異なる場合もあります。なお、検査直前の飲食の有無にかかわらず、正常ならこの範囲を超えることはありません。

検査結果の見方
糖尿病以外にも、高血糖を招く内分泌疾患(クッシング症候群、甲状腺機能亢進症、先端肥大症)など、他の病気や薬剤などでグリコヘモグロビンが高値を示すことがあります。また、貧血や異常ヘモグロビン症では低値を示します。

高血糖のまま放置した場合、糖尿病を発症する危険性は高くなります。
糖尿病は痛みなどの症状がないため、軽く考えて放置しがちですが、高血糖状態が長期間続くと、毛細血管がボロボロになり、失明したり(糖尿病性網膜症)、腎機能が低下する(糖尿病性腎症)など、深刻な合併症を招いてしまいます。

2012年に実施された「糖尿病実態調査」によると、糖尿病が疑われる人と予備軍を合計すると2050万人に達するとされています。40歳以上の成人で考えると、5人に1人が糖尿病かその予備軍という実態があります。数値が高いと指摘されたときは、それを機会に生活習慣を改善しましょう。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved