冠動脈の動脈硬化が原因となる狭心症

冠動脈の血流が滞るなどして、心筋へ酸素が十分届かなくなって心臓のはたらきが弱くなった状態で、「絞めつけられるような」「息が詰まるような」などと表現される独特の胸痛に襲われます。また、左側の肩や腕、頸部、下顎などの痛みや痺れなどが現れることもあります。痛みは数分から10分程度で治まり、その後は普段と変わりない状態に戻ります。

狭心症は、急ぎ足、階段を昇ったり、重いものを持ったとき、極度の喜怒哀楽が誘引となって発作が起こる「労作性狭心症」と、安静時やごく軽い体動時に起こる「自発狭心症」の2つのタイプがありますが、その多くは労作性となっています。

狭心症の原因
労作性狭心症では、冠動脈の動脈硬化が原因となります。動脈硬化で血管内空が狭くなっているところへ、運動や緊張などによって、心筋が大量の酸素を必要とし、それに対応できる十分な血流量が冠動脈から得られないことで発症します。

一方、自発性狭心症では、冠動脈に一過性の痙攣が起こり、血管が収縮して内腔が狭くなり、血液がスムーズに流れなくなるために発症します。

狭心症の治療
薬物療法が基本となります。再度発作が起こったときの対処法として、ニトログリセリンなど舌下錠を常に携帯するようにします。これは冠動脈を拡張させるはたらきのある薬で、舌の裏に含んで唾液で溶かし、粘膜から血液に成分を吸収させるものです。

このほか、労作性狭心症には、交感神経の活動を抑え、血圧を低くし、脈拍数も少なくして、心臓の負担を軽減するβ(ベータ)遮断薬を、自発性狭心症には、冠動脈を広げて血流をよくしたり、全身の血管も同時に広げて心臓の負担軽くするカルシウム拮抗薬を内服します。
また、血栓形成予防のために抗血小板薬が用いられます。

しかし、これらの薬物療法を行なっても、日常生活で狭心痛が頻繁に起こる場合には、動脈硬化が進行している可能性がありますので、冠動脈造影検査を受けて詳しく調べる必要があります。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved