糖尿病は発症すると、一生付き合っていかなければなりません

糖質は、体内でブドウ糖に変えられ、腸で血液に溶け込み、血糖として細胞に運ばれていきます。この血糖を私たちの生命活動に欠かせないエネルギーに変えるのが、インスリンと呼ばれる膵臓から分泌されるホルモンです。

インスリン注射

しかし、インスリンが不足して慢性化すると血糖(ブドウ糖)がエネルギーとして利用されず血液中に停滞して血糖の濃度が高くなってしまいます。高血糖の状態が続くと糖が尿に混じって排出されるようになります。これが糖尿病です。糖尿病の発症には、遺伝、体質、過食、肥満、運動不足、自己免疫などが関係しています。

糖尿病には毎日インスリン注射をしなければならないインスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)と、初期には食事や運動療法で改善できるインスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)があります。

1型糖尿病は子供や若者に多いもので、2型糖尿病は中年以降に発症することが多いものです。日本人の場合はほとんどが2型糖尿病です。

糖尿病の症状
2型糖尿病のほうは突然自覚症状が現れますが、1型のほうは長期間症状が現れません。症状としては、多尿、頻尿になったり、喉や口が渇いたり、たくさん食べるようになるのが典型的なものです。ほかには全身の倦怠感が出たり、目がかすんだりすることもあります。

また発症してから長い間に血管障害、神経障害、感染症などの重大な合併症を起こすことがあります。これによって機能障害や生命の危機に瀕することもあります。

糖尿病の治療
糖尿病は発症すると、一生付き合っていかなければならない病気です。しかし、食事療法、運動療法、薬物療法を組み合わせて行ない、血糖値を上手にコントロールできれば、健康な人と同じ日常生活が送れます。

運動療法には、インスリンの感受性を高めたり、肥満を防いだり、ストレスを解消するなどの効果があります。特に、生活習慣因子が引き金とな2型糖尿病では、食事療法と運動療法は重要な治療法で。予防にもつながります。

薬物療法には、経口血糖降下薬の内服とインスリン皮下注射の2つの療法があります。経口薬はおもに、食事療法や運動療法では血糖がコントロールできない2型の人に処方されます。インスリン注射は1型の人や糖尿病の妊婦、経口薬が無効な2型の人などに行われます。

経口薬には数種類あり、低血糖やおなかが張るなど、それぞれ副作用があるのできちんと確認しましょう。インスリン注射は1日2〜4回、自分で行ないます。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved