高血圧の放置は脳や心臓、腎臓、目などに重大な合併症を招く

血圧とは、血液の流れが血管の壁に与える圧力のことです。心臓が収縮して血液を送り出したときに血圧は高くなり、これを収縮期血圧(最高血圧)といいます。一方、収縮のあと、心臓が拡張するときに血圧は低くなり、これを拡張期血圧(最低血圧)といいます。

高血圧のリスク分類

収縮期血圧(最高血圧)と、拡張期血圧(最低血圧)の両方、またはどちらかが正常値よりも高い状態を高血圧といいます。

高血圧を適切な治療をせずに放置しておくと、脳や心臓、腎臓、目などに重大な合併症を生じます。たとえば、脳の血管障害が進んで、脳梗塞などが起こります。さらに、全身に血液を送れなくなる心不全や冠状動脈に動脈硬化症が生じて、狭心症心筋梗塞を引き起こします。

高血圧症の原因
高血圧症には、原因を特定できない本態性高血圧と、身体のどこかに原因となる病気がある二次性高血圧症の2つがあります。

血圧の分類

日本では本態性高血圧症が高血圧症の9割以上を占めていますが、原因はよくわかっておらず、さまざまな要因が関係しています。例えば、日常生活の中で、運動不足やストレス、塩分の摂り過ぎやたばこ、アルコールといった本人の生活習慣に原因があるものや、寒さなどのの本人を取り巻く環境などが誘因となっています。

このようなことは最初は一時的な血圧上昇をもたらすだけですが、習慣的になれば、高くなった血圧が下がらないようにする機能が血管に働くようになって慢性的な高血圧へ移行するのです。

一方、高血圧の元となる病気がある二次性高血圧症は30歳代以下の高血圧症の3割近くを占めています。原因となる病気は、腎臓や血管、内分泌器官、中枢神経にまつわるものがですが、なかでも多いのが、腎臓や血管の病気によるものです。

腎臓では糸球体腎炎や腎盂腎炎などが原因となります。とくに慢性の糸球体腎炎は、二次性高血圧症の原因の7割を占めるといわれています。
血管では大動脈縮窄症のほかに大動脈炎症候群などがあります。内分泌では褐色細胞種のほかにクッシング症候群で高血圧がみられます。また、中枢神経では脳血管障害、脳腫瘍などさまざまな病気が原因となっています。

高血圧症の症状
一般に自覚症状はない場合が多く、健康診断で血圧測定を行って発見されるのが普通です。症状が現れやすいのは、血圧が高くなりはじめた初期で、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、手足のしびれなどの脳神経症状、動悸、脈の乱れ、胸部の圧迫感などの循環器症状です。

高血圧症の治療
本態性高血圧症では、塩分を控えた食事を心がけたり。肥満を解消するなど、生活習慣の見直しが基本になります。生活習慣を改めても高血圧が改善しない場合は、降圧薬を用います。

高血圧のリスク分類(下の表参照)の高リスク群では、ただちに治療を開始する必要があり、最高血圧を140mmHg未満、最低血圧を90mmHg未満になるようにします

一方、二次性高血圧症では、原因となっている病気を薬物や手術で治療できれば高血圧も解消します。なによりも早期発見、早期治療が肝心です。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved