心筋梗塞の原因は血液を心臓の組織に送っている冠状動脈の動脈硬化

冠状動脈の血管が細くなって血流量が少なくなる状態を狭心症といいますが、血管が詰まってしまってそこから先にほとんど血液が送られなくなって心筋が壊死してしまうのが心筋梗塞です。50歳以降の男性に多く、死亡率3割といわれている大変危険な病気です。

突然の胸痛が主症状です

心筋梗塞の原因
心筋梗塞の原因の多くは心臓の大動脈から枝分かれして、心臓を取り巻いて新鮮な血液を心臓の組織に送っている冠状動脈の動脈硬化によるものです。動脈硬化の部分が破れて、血栓という血のかたまりが付着したりして血管閉塞の原因となります。

また、冠状動脈が収縮して血管内径が閉塞し、それが長く続くと心筋梗塞の原因となります。さらに、喫煙、高血圧症高脂血症糖尿病あるいは肥満などが危険因子となります。

心筋梗塞の症状
何の前触れも無く突然発病することもありますが、半数は数日あるいは数週間前から、発病の前兆として狭心症の発作を経験します。

発作が起こると、胸の中央に握りつぶされるような、焼け火箸を突っ込まれたような痛みや圧迫感が生じ、数十分から数時間に渡って持続します。痛みは狭心症よりも強いものが多く、狭心症には効果のある亜硝酸剤が効きません。

痛みの場所の多くは胸の中央ですが、左寄りで心臓の鼓動を感じる部分や、左胸、左肩、首、左腕、みぞおちなどに感じる場合もあります。脈拍が弱くなったり乱れたりすることが多く、危険な不整脈もあります。

心筋梗塞の治療
一刻も早く救急車などでCCU(冠動脈疾患用集中治療室)のある病院へ搬送することが望まれます。CCUとは、狭心症や心筋梗塞を専門とする集中治療室で、心臓専門のスタッフが常駐しています。ほかに、心不全や心臓弁膜症、大動脈疾患など心臓疾患全般を治療します。

発症直後数時間で血栓のできていることが確認されれば、血栓を溶解する薬剤をカテーテルで冠状動脈に注入する方法もあります。発病当初は安静を保ち、酸素吸入をして点滴注射を行ないます。

Copyright(C)2014 特定健康診査ナビ All Rights Reserved